会社沿革

1935年 3月   東京市本所区厩橋4-10に豊盛工業合資会社を設立し、金属歯車製造業を開始
1936年 6月   板橋区大原町に工場を新築し、移転
1937年 4月   磨ナット製造業に転換し、戦時需要として航空機用の磨ナットを製造
1946年 4月   終戦に伴い、自転車、農機具、通信機用の磨ナットの製造に転換
1950年 3月   本田技研工業株式会社(1948年設立)の東京工場(上十条)開設に伴い、バイク用ナット、
特殊ネジ部品の取引開始
1951年 4月   通産省より、自転車ネジ製造のモデル工場に指定される
1953年 8月   中小企業庁長官より、優良工場として表彰
1962年 5月   豊盛工業株式会社を資本金600万円で設立
1966年 10月   豊盛工業株式会社が豊盛工業合資会社を吸収し、資本金1,250万円とする
1968年 5月   小松製作所と取引を開始し、大型ネジ分野に進出
1974年 11月   資本金2,000万円に増資
1977年 5月   独自のノウハウによりパイプ材の塑性加工技術を開発し、パイプ製品の製造・販売に進出
1981年 11月   板橋税務署長から優良申告法人として表敬を受ける
1982年 11月   資本金2,800万円に増資
1983年 2月   資本金を4,800万円に増資し、福島県西白河郡西郷村に新白河工場を建設
1985年 11月   創立50周年記念式典を挙行
1986年 10月   資本金を8,000万円に増資
1987年 11月   新白河工場を増設し、精密部品加工ラインを設置
1990年 10月   三桜工業株式会社と日産自動車部品の取引開始
1993年 11月   京浜精密工業株式会社とダイハツ自動車部品の取引開始
1994年 10月   「ネジ直角度保証ナット」を開発、実証を経て生産開始
  12月   日経メカニカル(現 日経ものづくり)に「これが日本の世界一」として同ナットが紹介
される
1997年 9月   同ナットの製法を「高精密度ナットの製造装置」として特許申請
1998年 4月   米国Key Fasteners Corpを通じて、Honda of America Mfgにパススルー開始
1999年 10月   新白河工場 ISO9002の認証取得
2000年 12月   本社工場 ISO9002の認証取得
2001年 2月   21世紀総決起集会を鬼怒川あさやホテルで開催
2002年 4月   新白河工場 ISO9002から9001へのアップグレード完了
  5月   新白河工場にロボット付NCベンダーを2台設置
2003年 11月   ISO14001 全社取得
  12月   本社工場 ISO9002から9001へのアップグレード完了及び本社工場と新白河工場の統合
認証完了
2005年 2月   創立70周年記念式典を挙行
  8月   4月に完工した新本社工場(埼玉県坂戸市)へ旧板橋本社工場を全面移転
2008年 4月   新白河工場拡張のため、隣地取得
2009年 5月   インターンシップ推進事業受入企業として埼玉県から感謝状
2010年 3月   新白河工場からロボット付NCベンダーを本社工場へ移設
  8月   (社)日本自動車部品工業会入会
  9月   埼玉県より「彩の国指定工場」に指定される
2012年 6月   本社工場にロボット付プレス装置を導入
2015年 3月   創立80周年記念式典を挙行